子育て泣き笑い通信

妊娠・出産・子育て情報

仕事を復帰することの現実について

 

先日、会社の部署の方々と、ランチミーティングをしてきました。

そこで、上司の男性(年下)の方が、仕事で毎日帰りが遅いと話していました。

 

お子さんが、私と同じで幼稚園児が2人だそう。

 

色々、話して、なにかの流れで、

自分は仕事をしている、

彼女は家のことをしている、

なのに、休みの日に、自分が子供の面倒をみたら、自分は休みがないじゃないか、

と言っていました。

 

確かにその通りなのだが、なにかが引っかかりました。

 

例えば、トイレに行きたいときに行けること、

ご飯を最後まで座って食べられること、

朝までぐっすり眠れること、

 

そのすべてが違う。幼稚園に行くようになっても何かが違う。

そう、内容が違うのだ。

どちらが大変というのではない。違うだけ。

 

そして、何より、「キャリア」が違う。

ずっと専業主婦、家庭にいていいという人であれば問題ないのかもしれない。

でも私は、働きたいと思っていた。

 

ろくに寝ずに、思うように食べられずに、瞬く間に過ぎた数年を経て、

就活して言われること、

それは、

「ゆっくりされたんですね。」

「保育園入れなかったんですね、探すのがちょっとゆっくりだったかな」

「仕事するって、突発的なことに対応できるの?」

「あなたが短時間で働くことで、他の人がそれをカバーすることになるんだけど、分かってる?」

 

いつ、私はゆっくりしたのだろう?

妊娠中から保育園の活動を始めたのは、遅いと言われなければいけないのだろうか?

在宅で仕事を探していると伝えていたのに、そこまでの答えを用意する必要があったのだろうか?

 

優秀な人は、環境に文句を言わないと言うけれど、

私は優秀でも何でもないし、ならなくてもいい。

 

ただ、人の役に立つ実感がほしい、そう思って働くのに、

ただただ、迷惑をかけるだけなのだろうか。

 

そうくじけてしまいそうになる。

 

あなたは、どんなに大変に働いても、それはキャリアとなり、お金ももらい、評価され

なんならお礼を言われたりするだろう。

 

でも、私は何なのだろう。

 

そうくじけてしまいそうになる。

若い頃、年上の女性に意見を言うのは大変だった


タイトルの通りですが、若い頃、年上の方に、お願いをするのは非常に気を使った記憶があります。

気を使い過ぎて、逆に相手をイライラさせたように思います。

というのも、最近、年下の女性に仕事を頼まれ、作った書類がミスばかりだった模様。。

それを指摘して、今後の改善案を伝えたかったらしいのですが、彼女は、とっても気を使って、伝えてきました。


そのせいか、始めは何を言ってるのか分からなかった。イライラしたわたしは、こう言うこと??こうすればいい??と、だんだん、ツッコミんだ物言いになり、彼女はますます、困った様子。。

最終的に、何かあったら、いつでも言ってください、と伝えたのですが、年下の彼女は、今後も、私にいい辛いことでしょう。

今、思い返せば、私がおもんばかってあげたらよかった。彼女は、私の状況、気持ちは推測できないけど、私は、彼女の立場だったときの気持ちは推測できる。

歳をとって働くということは、相手の気持ちを推測できるようになる、ということなのかもしれませんね。

皆に迷惑をかけてまで働く意味はあるのか

今日のタイトルは、働く幼稚園ママに特におこりがちな、心の葛藤ではないでしょうか?


パパに幼稚園までの送りを頼むこと
幼稚園の委員活動も、なかなか参加できないこと、
子供を遊びの集まりに連れていってあげられないこと、

仕事では、早く帰るから、それに合わせてもらうこと、
仕事の質をなかなかキープできないこと、
お客様への対応が、なかなかタイミングよく行えないこと、

挙げたら切りがありません。


私がいることで、余計な仕事が増えてないだろうか、
家族にふたんばかりかけていないか、

何より疲れて子供の顔をまともに見たのはいつだっけ?


なんだか、心が苦しい。

ただ、働きたいだけなのに、
働いて誰かのためになってることを実感したいだけなのに、

なんだか迷惑を描けているだけのような気がしてしまう。


こんなとき、きっと、パートやアルバイトだと、


やめちゃおうかな。。


と、思ってしまう。

そんな、気持ちがさらに自分をくるしくさせるのかな。


私が辞めたら、次の人のチャンスを壊す気がする。
どうしたらよいのか。


心が弱ると弱気なことばかり考えてしまいますね。

主婦が働くことによってかかるお金

こんにちは!

今朝、NHKあさいちでやっていた、働くことによって起きた想定外のこと。ものすごーす、共感したので、書いてみます。

働きはじめて、収入は増えます。

しかし、洋服、気になりますよね??制服があればいいですが、ある程度小綺麗にと思うと、服がない!!という状況に。。

私も、いつも同じワンピースとパンツスタイルを交互に来てたら、
洋服買いに行く時間ないの?って聞かれました(笑)

働く前は、ジーンズにニットやTシャツでよかったし、働いていた頃の服はちょっと古くさい。

そんなこんなで服を買っちゃうと、あれあれっとなります。


そして、ご飯!
作るのつかれたなー、と、ついつい、できあいを買うことがちょいちょい増えました。
積み重なると食費もバカになりません。。

働くときは、こんな費用も含めて、収入の使い道を考えないとなーと、改めてかんがえさせられました。

幼稚園に行きながら、働くということ5

明日は幼稚園の個人面談のため、午前保育です。
就労のためなら、お預かりは可能とのことで、お願いしました。

また、お友だちとのお誘いに行けないので断ったのですが、幼稚園で、お友だちに遊ぼうね、と言われたようで、そんなときは申し訳なくなります。

その分、今日は公園に連れていき、存分に遊んでもらいました。

そして、保護者会の委員も、明日の朝、集まる予定なのですが、もちろん行けませんので、もろもろお願いをしてきました。

その分、別の仕事をしたりしておいたので、よかったです。頼みやすい環境を常日頃から意識しておくのは、職場と同じですね(笑)

幼稚園に行きながら、働くということ4

今日は、仕事というよりは、幼稚園ママたちとの付き合いについてです。

これはいつも悩みどころなのですが、

幼稚園が早く終わる日や、早上がりの水曜日は、ときどきランチを一緒にして遊ぼう、なんて誘われます。


もともと、人が多いところが苦手なので、行くのが苦痛なのですが、子供は楽しそうだし、幼稚園ママの仕事の一環であると考えて、今までは付き合っていました。

でも、仕事を始めたら、たまの休みは家でグータラしたい。そんなとこ(と思ってしまう)行く時間がもったいない。

そんなことを思う自分がいます。
そして、断ることが多くなりました。

私はそれでよいのですが、子供の楽しみや、他者と関わりをもつ時間を奪っているようで、苦しい気持ちになります。

家にいても、特に相手をするわけでもなく、それなら、連れていってあげればよかったのではないか。

三回に一回くらいと自分で決めたらいいのではないか、などなど。

この辺の心の兼ね合いをどうするか、幼稚園ママとして働くには、ぶつかる問題かと思いました。

幼稚園に行きながら、働くということ3

昨日は、母の日でしたね。
ケーキと花で少し癒された一日でした。

さてさて、今日も幼稚園に13時お迎えです。
会社を12時でダッシュで去ります(笑)


そういえば、以前、職安の話をしたと思いますが、その前に、2~3社受けて全部落ちてます。
そのときの話など。

幼稚園に子供を行かせながらなので、
基本在宅で、行っても午前中のみ仕事をしたい、
という内容で、人材登録会社に登録しました。

働くのを一年後位をイメージし、説明会に行ったり、就活自体になれようと思って行動を起こしました。


そうしたら、直ぐに面談のオファーが来ました。今は、ほんとに、売り手市場なんだなーと思いました。

そして、面接。
なんだかんだと経歴などを聞かれ、
最終的に言われたのは、

どのような働きかたをしてもらえばよいか、どんな仕事を任せたらいいか、まだわからない。その点、提案はあるか。

あなた(私)ができない部分は、他の社員がやることになるんだよね。

突発的な案件が発生したらどうするの?子供いるのに電話とって話せるの?

などなど。

私は、相手方の会社は、私の事情を全て理解した上で、任せたい仕事があって面談かと思ってたのですが、どうやら違いました。

会社もまだ、主婦の時短勤務、短時間勤、自宅勤務のような、多様な働き方について、どうするのがよいのか、手探りなようです。

つまり、このようなことができるよ、これはどう?みたいな提案を待っているみたいです。


ということが、面接でわかりました。

ということは、このツボを押さえた面接をすれば受かるんだなーと思いました。

再就職の際、はじめの2~3社は、練習や情報収集のつもりで受けた方がいいかもですね。

結局、そのあとしばらくして三社くらい、立て続けに受かります。
また、そのときの話など。