子育て泣き笑い通信

妊娠・出産・子育て情報

働かなくてもいい、という現実

日本人の女性は、働いても働かなくてもいい

日本の女性には、『働かなくてもいい』、という選択肢があるけれど、
私たちは働かなくてはいけないのよ

私が留学時代に、現地の女性に言われた言葉。

その女性がが結婚するときに、私が
仕事はどうするのと?
と何気なく聞いたら、帰ってきた言葉。

こんな質問を何気なくする私自身、日本女性という色彩にすっかり染まっていたのだと、思う。

f:id:sato-mama:20180502071205p:plain

下の子が、まもなく入園なので、
これを期に仕事に復帰しようと、少しずつ働き始めた、最近、
職場の上司が、昔、知人の女性に言われたことが上の言葉と同じだったそうだ。

その言葉をいった女性も、もちろん日本人ではない。

上司は、
だから、私たち日本人女性は、恵まれているのだ、といった。
確かにそうだ、と思いながらも、どうしても違和感が残る。

その違和感について考えてみた。



私は、二人目の子供が産まれて保育園に入れず、
仕事をやめた。

子供を幼稚園に通わせ、
今までとは、違う環境の女性たちと交流する日々


彼女たちのなかには、仕事をしたいが、
できない、という人がいる。

はじめは、いいわけにしか聞こえなかったのだけれど、
よくよく聞くと、どうやら日本女性の現実が見えてきた。

f:id:sato-mama:20170719163057j:plain

ひとりで頑張れば、働けなくもないかもしれない。
夫は朝早くから出勤し、終電で帰る毎日。
「働いてもいいけど、全部自分でやってね。」という。
「自分の都合で預けて働くなんて、子供がかわいそう」という、親類。
働かなくてもいいなんて、恵まれているわね、という周囲の声。

それは、果たして、働いても働かなくてもいい、という恵まれた
環境なのだろうか。

働くのが当たり前だったら、そんな声にまどわされることは、ないのだろうか。


さて、次回はさらに詳細に分析してみようと思う。